読込中

念法眞教の歴史

〜昭和20年代

教団の歴史 主な活動
大14.8.3久遠実成阿弥陀如来の応現。ご霊告により念法眞教を立教開宗。  
昭3.4大阪市旭区森小路に本部、天王寺区椎寺町に支部を開設。  
  昭10.2.3日護摩の火煙の中より、十四文字の念法眞言が浮かび上がる。

昭和20年代

教団の歴史 主な活動
  昭20.8.15開祖親先生、敗戦の詔勅を聞き自決を覚悟するも、念法ご本尊より日本再建のおさしずを受け、日本復興と真の世界平和のため、身を捧げることを決意。
  昭21.4.27日本再建の巡教の旅、第一歩として兵庫県へ親教。つづいて5月に岐阜県へ。その後、三重県、和歌山県、奈良県、岡山県へと地方布教の旅がつづく。
昭22.3宗教法人「小倉山 金剛寺」として独立。参詣者が増え、森小路本部を増築する。  
昭22.10.21地方支部第一号として兵庫県支部(野間谷)が誕生。その後、三重県支部、岐阜県支部、和歌山県支部ができ、各県に支部が次々と誕生する。  
  昭23.7.1機関誌「鶯乃声」再刊(敗戦で一時休刊)。
  昭25.9.9「旅からす」の歌を感得される。
  昭26.9.4伊勢神宮神勅奉答参拝(信徒一千名で)。
昭27.9.9包括団体「宗教法人・念法眞教」の認証がおりる。  
  昭28.8.15「念法時報」発刊。
  昭29.8.15全国ご詠歌奉詠大会はじまる。
昭29.9.9城東区別所町を聖地と定め祈願本堂建立地とすることを発表。工事にかかる。  

昭和30年代

教団の歴史 主な活動
昭30.4.23東久邇宮稔彦殿下と再会。代表顧問に奉戴。  
昭32.12.1開祖親先生、地方巡教中に照晃院さまご逝去。  
  昭34.1.3「念法時報」再刊。
  昭34.3.29菩薩行挺身信徒総蹶起大会(大手前会館)を開く。
昭34.8.3法堂が落慶し、ご本尊ご眞霊のご遷座。教団本部を移転。  
昭35.8.3祈願本堂が落慶。  
  昭35.9.9念法眞教教義網要を発行(三十五周年記念事業)する。
昭36.12.18社会福祉事業に対する功績が認められ、天皇陛下から「紺綬褒章」を授与される。  
昭37.2.25在家教師会発足(第一回総会)。  
  昭38.3.15燈主伝発行。
昭39.7燈主公館が落慶。  
昭39.8.3九角如来堂起工式を挙げる。  

昭和40年代

教団の歴史 主な活動
昭40.9.8百年構想にもとづく念法家族会議。  
  昭40.7.15「念法法語集」発行。
昭41.5.29九角如来堂外装完成なる。  
  昭41.4.21学校法人念法学園(念法幼稚園)開園式。
  昭41.8「鶯乃声」500号発行。
  昭45.8.6世界連邦日本宗教委員会に加入。開祖親先生、同委員会の顧問に就任。広島原爆慰霊祭に参列。
  昭46.4.7ラジオ放送「心のいこい」番組放送はじまる。
  昭46.4.14「念法音頭」「念法小唄」のレコード完成。
昭46.5.7天台宗比叡山延暦寺で行われた伝教大師1150年大遠忌法要に開祖と信徒7000人が登叡、初めて比叡山にて念法法要が厳修される。  
  昭46.9.4伊勢神宮奉答参拝二十周年記念参拝。
昭48.5.4伝統仏教宗派で構成される「全日本仏教会」に加盟。  
  昭48.10.4開祖、北海道ご親教のおり、日本最北の地稚内に向かい、稚内公園に建つ「氷雪の門」「九人の乙女の碑」に参拝し、追悼と平和の祈りを捧げ、日本の平和と安全を祈念する。
昭49.4.1全日本仏教会理事教団となる。天台宗から開祖に、功績を讃え、「天台大僧正」の称号と「菊輪宝緋紋白大五條」が贈呈される。  
  昭49.4.2日本の良き伝統文化の継承発展を目的に「日本を守る会」が結成。臨済宗円覚寺派管長(当時)朝比奈宗源老師と共に、開祖、発起人として協力する。
  昭49.6.5臨済宗円覚寺派管長・朝比奈宗源老師と面談。

昭和50年代

教団の歴史 主な活動
昭50.8.3立教五十周年記念大法要を迎える。  
  昭50.4.2開祖、「日本を守る会」代表委員に。
昭52.6.23宗谷岬近くの第二清浜に「日本最北端御巡錫記念碑」と平和への祈りを込めた「灯主の祈り」の石碑が造立される。  
昭54.10.19和宗総本山四天王寺にて「聖徳太子奥殿落慶」念法法要が奉修される。  
昭55.10.6「天台宗比叡山法華総持院東塔ご再建落慶慶讚念法法要」に開祖と信徒4000人が登叡。  
  昭55.11.10第14世ダライラマ法王猊下が念法眞教総本山金剛寺に来山、開祖と面談。
昭57.3.5開祖入寂。開祖の次男で管領職にあった由貴夫(良現)、開祖の遺命により二代燈主に就任。二代目小倉霊現を相承。二代燈主の全国ご親教「囲む会」が開始。  
昭58.3.15全国支院ならびに総本山造営の地鎮起工式を行う。札幌念法寺をはじめとして全国各地の支院のうち30ヵ所を指定して大道場を建立することを発表。  
  昭59.12.5~16「財団法人国際仏教興隆協会印度山日本寺医療施設」完成にあたり、インド医療施設落慶法要団が組まれ施療院念法法要とインド巡拝研修が執行される。

昭和60年代

教団の歴史 主な活動
昭60.8.3立教60周年記念大法要を奉修。 本山造営工事に着手。  
  昭60.8.17~23北方領土返還運動の一環として、念法青年北方領土視察研修旅行を実施。(毎年8月実施)。
昭60.9.9開祖親先生ご生誕100年祭を奉修。  
昭62.5.24「天台宗比叡山開創1200年慶讃」念法法要に信徒3500人が登叡。  
  昭62.11.22広島念法寺落慶を記念して、平和公園にて「広島原爆殉難者慰霊法要」を奉修。殉難者の慰霊に全国銘水の供養が行われた。(毎年7月、平和公園原爆供養塔前で実施)。

平成00年代

教団の歴史 主な活動
平2.5.31六角堂・如来堂拝殿・開山堂・山門などの一連の本山造営工事完了。  
平2.8.3立教65周年記念大法要を奉修。  
  平2.12.13「念法時報」1000号発行。
平3.2.14本山造営第一期工事竣工奉告法要を奉修。  
  平3.4.12第一期伽藍竣工披露の会開催。
平5.10.22和宗総本山四天王寺にて「四天王寺創建1400年祭慶讃」念法法要が奉修され、信徒1500人が参拝。  
平7.8.3立教70周年記念大法要を奉修。  
平7.12.201000畳敷の法堂建築完成。  
平8.6.6祈願本堂建て替え工事着工。  
平8.10.18比叡山延暦寺にて行われた「天台大師1400年大遠忌報恩慶讃大法要」念法法要に信徒3000人が登叡。  

平成10年代

教団の歴史 主な活動
平12.3.31祈願本堂・樅の木廊・七角堂・本坊工事完了。  
  平12.4.25第二期伽藍竣工披露の会開催。
平12.8.3立教75周年記念大法要を厳修。第二期伽藍竣工披露の会開催。  
平13.2.16二代燈主入寂。稲山霊芳 三代燈主に就任。  
  平14.10.5~6沖縄平和公園祈念堂にて「沖縄戦殉難者慰霊法要」を厳修、あわせて南部戦跡各慰霊塔を巡拝。(毎年10月実施)
  平15.9.20ラジオ放送「心のいこい」放送10000回。
平17.4.1~平18.3.31立教80周年開闢法要を皮切りに、全国信徒の本山団参が始まり、年間9万人が参拝する。「現世界極楽浄土建設円成百萬願祈願大護摩供」が3回にわたって奉修される。  
  平17.7.10長崎原爆落下中心地公園にて「長崎原爆殉難者慰霊法要」を奉修。(毎年7月に実施)
平17.8.1~7 立教80周年記念大法会を奉修。連日、廿五菩薩お練り供養・稚児行列が行われる。  
  平17.8.3立教80周年を記念して、教団歌「ひとつぶのしずく」(作詩 原彰・作曲 服部克久)完成。
平17.10.8「天台宗開宗1200年慶讃大法会」念法法要に信徒3700人が登叡。  
  平18.8.3念法眞教ホームページ開設
  平18.10東京にて第14世ダライ・ラマ法王猊下に、教務総長と長老が25年ぶりに接見。
  平19.5.13~14「サイパン戦没殉難者慰霊祭」を奉修。(毎年5月に実施)
平19.8正大門の山号額「小倉山」(平16.12)、正大門前の「金剛寺」石柱(平18.7)に続き、「現世界極楽浄土建設道場」石柱の除幕式。  
  平19.12.7教団代表者が「ハワイ平和祈念使節団」の一員としてオアフ島内各地を慰霊巡拝。

平成20年代

教団の歴史 主な活動
  平20.5サイパン島バンザイクリフに、教団の「戦没殉難者慰霊塔」を造立。
  平20.6.27 洞爺湖G8サミットに先立ち、「G8宗教指導者サミット」の分科会を金剛寺で開催。
  平21.10.12「ほの灯り金剛寺」を開催。(毎年9月に実施)
平22.4.1~平23.3.31 立教85年祭開闢法要を皮切りに、全国16箇所で「立教85年祭ブロック大会」を開催。  
  平22.5.1~平23.3.31写真展「親先生と歩んだ85年」開催
平23.3.31二代様堂の完成奉告式を奉修。  
  平23.4.10「花びより金剛寺」を開催。(毎年4月実施)
  平23.6.20~23 東日本大震災の被災地を4団に分かれて訪問・慰霊巡拝し、信徒から寄せられた義援金を被災自治体に謹呈。
平25.4.1東久邇信彦殿下が教団代表顧問にご就任。  
平27.4.1~平28.3.31立教90年祭開闢法要を皮切りに、「現世界極楽浄土建設祈願円成弐百萬願大護摩供」が本山、九州、北海道で7回にわたって奉修される。 平27.4.1~平28.6.30開祖親先生の生誕130年を記念して、ゆかりの品々や写真、映像、音声などを一堂に展示する「親先生しあわせミュージアム」を開催。
平27.4.26高野山真言宗 総本山 金剛峯寺にて、三代燈主が金堂では初の女性大導師をお勤めになり、「高野山開創1200年念法眞教慶讃法会」を奉修。  
  平27.5.23~24戦後70年と、天皇皇后両陛下サイパン行幸啓10年を記念して、サイパンに「御製御歌碑」2基を造立。
平27.8.1~31日の「念法青少年が迎える立教90年祭」、2日の「全国信徒が迎える立教90年祭」に続き、3日には、各界から来賓をお迎えして「立教90年祭報恩大法要」を奉修。  
  平27.9.29戦艦大和沈没海域にて、神道政治連盟大阪府支部、大阪府神社庁とともに、「大東亜戦争終結70年洋上慰霊祭」を奉修。
平29.4.1桶屋良祐が三代燈主代行者に就任。  
  平28.4~社会交流活動の一環として、一般を対象に「仏教文化講演会」を開始。初年度1年間で全国約60会場にて開催。
  平29.9.9ホームページ連載の「ほっとエッセイ」が育鵬社から書籍化。「こころの温度を1℃あげよう」として出版され、3ヶ月で第3刷出来。

平成30年代〜

教団の歴史 主な活動
平30.6.17三代燈主入寂。桶屋良祐 四代燈主に就任。  
  平30.6.26~四代燈主として親教を開始。1年間に約200日、全国津々浦々を巡教し、100回以上法話を説く。
平31.3念法浄土を現成した往生極楽堂が完成。  
平31.4.1東久邇吉子殿下が教団代表顧問にご就任。  
  令元.10.22今上陛下のご即位をお祝いする即位礼正殿の儀に、四代燈主が参内。