花びより金剛寺 2019年レポート

満開の桜に囲まれ、春の喜びに包まれた一日。

「花びより金剛寺2019」は、4月7日(日)に無事終了いたしました。

当日は、雲ひとつなく晴れわたり、春本番のあたたかな陽気に恵まれて、金剛寺は過去最多の方々でにぎわいました。ご来場いただいた皆様には、心より御礼申し上げます。

桜の開花が早いと予想されていた今年でしたが、寒の戻りなどの影響もあって、金剛寺の桜は当日にちょうど満開。チューリップ、桃なども一斉に咲いて、まさに「花びより」の名にふさわしい好日となりました。

「花まつり行事」には、大勢の子どもたちが参加しました。おそろいのピンクの法被で白象を曳く「花まつり行列」や、お釈迦様の像に甘茶をかける「甘茶かけ」、「仏生会(ぶっしょうえ)」など、さまざまな行事を楽しみながらお釈迦様の誕生を祝いました。

「風花の広場」では、地域の方々をはじめ多彩な出演者が競演する「花びよりステージ」や、リボンに願い事を書いて仏様にお供えする「願い結び」が大盛況。広場を囲む満開の桜や、色とりどりの風ぐるま、風花を眺めながらゆったりとくつろぐ方々で終始にぎわっていました。

春の陽気に恵まれて楽しく過ごせた今年の「花びより金剛寺」。来年もまた皆様の笑顔に出会えますよう、これからも精進を重ねてまいります。

念法眞教