花びより金剛寺 2016年レポート

花々に囲まれ、春の喜びを満喫したひととき。

「花びより金剛寺2016」は、4月2日(土)に無事終了いたしました。

当日は、春らしいおだやかな天候に恵まれ、例年を大幅に上回るご来場者で大盛況となりました。ご来場いただいた皆様には、心より御礼申し上げます。

朝から日差しが降り注ぎ、あたたかな陽気となった金剛寺。吹く風もここちよく、すがすがしい空気に包まれた境内は、春の装いに身を包んだ大勢の方々でにぎわいました。
昨年は雨天のため堂内で行った「花まつり行列」も、今年は桜や桃、チューリップなどの花々に囲まれて行うことができ、まさに「花びより」といえる1日となりました。

桜を背景にしたステージでは、おなじみの地元の皆様や念法の若者たちが、競い合うように白熱した演目を披露。法話や雅楽、野点といった大人の楽しみもあり、風花の広場は幅広い年齢層の方々でにぎわいました。
一方、うまいもん広場や子どもの広場は、飲食を楽しむご家族や子どもたちで大盛況。予想以上に多くの方々にご来場いただいたため、模擬店の飲食物が例年より早く品切れになってしまったほどでした。

桜の開花状況や天候などにより、毎年同じように開催することは難しい「花びより金剛寺」ですが、また来年も皆様と楽しいひとときを過ごせますよう、私たちはこれからも精進を重ねてまいります。

念法眞教