幸せ上手のエチケット 自分や周りの人も幸せになる、念法の智恵を活かしたエチケットをご紹介。[ 監修:マナーデザイナー  吉村景美 ]

暮らしの中の「どうしよう…?」に出会った時に

すべての人が満足し、幸せであることはなかなか難しいことです。
自分は幸せだと思っていても、それが誰かの犠牲や我慢のうえに成り立っていては、いつか自分も誰かのために犠牲や我慢を強いられることになるでしょう。
自分が幸せになると同時に、周りの人も同じように幸せになることが、本当の幸せ姿であると念法眞教では考えています。

「所作・形式・儀礼」を意味するマナーに「心持ちや思いやり」をプラスした、念法眞教の「幸せ上手のエチケット」。
「エチケット」に正解はありませんが、日々の暮らしで迷ったときのべストアンサーとして活かして頂けたらと思います。

監修:マナーデザイナー 吉村景美

株式会社ハッピーマナークリエイト 代表取締役
現代礼法研究所 マナーデザイナー

岩下宣子先生の「マナーは愛」に深く共感し、本格的にマナーを学ぶ。
現在、「思いやりの表現力としてのマナー」「幸せになる社会技術としてのマナー」をモットーに、企業・団体、学校などでマナー講演・研修を行う。
著書:「これが美しい食べ方のマナーです」(亜紀書房)