念法眞教とは 平成29年スローガン 燈主年頭垂示 今年1年のスローガンです。

今年1年、下記のスローガンのもと、全信徒一丸となってより一層の修行に励みましょう。

念法は住み良い世の中 楽しい日暮らしの相談所 宗教 思想 国境 民族を超えて 平和な世界をつくりましょう 燈主 稲山霊芳

ご燈主様年頭のご垂示

ご燈主様は、世相をご覧になって胸を痛められ、『世界の平和』を強く願って年頭のご垂示をくださいました。

開祖親先生は、「念法は住み良い世の中がどうしたらできるのか相談するところであり、何宗の人でも来て仲間になったらいい。家の宗旨を止めというのではない。宗旨はそのままとして、住み良い世の中づくりの仲間になったらいい。仲間になったら仏様が護ってくれる」と教えてくれました。

まず自分の家庭を浄土にし、次に働く場所を、地域社会を浄土にしていくと、やがて日本の国が浄土となり世界中に浄土が広がっていきます。念法の教えを実行する人が、この地上に増えれば増えるほど、住み良い世の中が生まれていき、戦争もなくなる。そのためにも導きにつとめ、多くの人々を幸せにするため、菩薩の生き方を自分の生き方とするのです。自分だけが幸せでは、本当の幸せではありません。周りの人々も幸せになってこそ、本当の幸せです。本当の幸せになりたいならば、神仏に生かされていることに感謝し、自分が辛くても周りの人が喜ぶなら、その辛さを自分の喜びとして生きる、そういう念法菩薩(ぼさつ)となって、今年も一人でも多くの人を幸せへとお導きし、住み良い世の中、平和な世界をつくりましょう。

合掌