念法眞教とは 年中行事  その他の行事 過去の行事のご報告です。

2019

青少年得度授戒会

青少年得度授戒会平成31年(2019年)3月27日

春らしい穏やかな光が溢れる3月26〜27日 総本山 金剛寺では、青少年得度授戒会が執り行われました。
小学生から高校生の青少年84名が、生涯に一度の得度授戒の法縁を結びました。
まっすぐな眼差しでご本尊様を見つめ世の中のお役に立てる人になることをお誓いしました。

春の祭典

春の祭典平成31年(2019年)3月15日

3月15日 総本山 金剛寺では、三大祭典のひとつ、春の祭典が執り行われました。
春の訪れを感じる暖かな日差しの下、廿五菩薩お練り供養稚児行列では、廿五菩薩や稚児が境内を練り歩き、参拝者の笑顔が溢れるひと時でした。
引き続き、場所を移し法堂において、春の祭典奉告法要が執行され、新年度に向けて、改めて現世界極楽浄土建設に向けての精進をお誓いしました。
また、往生極楽堂がお披露目され、極楽の空気を肌で感じ、感動の涙を溢れさせながらの参拝でした。

天皇陛下御在位30年の宮中茶会に四代燈主様がご出席平成31年(2019年)1月25日

天皇陛下御在位30年の宮中茶会にご招待を受け、念法眞教四代燈主様が皇居・宮殿で開かれた茶会に出席されました。

今上陛下が主催される最後の宮中茶会として注目が集まる中、日本を代表する各界の著名人約1000名が、2月25日・26日の2日間にわたって参列。天皇陛下からは「本日こうして茶会を催し、ともにひとときを過ごすことを誠にうれしく思います。出席された皆さんのご健康と幸せを祈ります」とのお言葉がありました。

トンド祭

トンド祭平成31年(2019年)1月15日

冬の寒さが和らいだ1月15日、念法眞教総本山 金剛寺において、トンド祭大護摩供が修法されました。
出仕、参拝含め、約900人による読経の中、弁慶行者によって、注連飾りや守護符などをお焚き上げし、世の中の平和安寧と無病息災を祈念しました。
大護摩供終了後には、節分の日に燻べて家を清める宝種木が授与されました。

各界から教団に寄せられた新年のごあいさつ平成31年(2019年)1月1日

第257世 天台座主 森川 宏映
真言宗国分寺派大本山国分寺 管長座主 合田 和教
加茂別雷神社(上賀茂神社) 宮司 田中 安比呂
杏林大学 名誉教授 田久保 忠衛